育成左腕山下にハイペース指導 工藤監督

育成左腕の山下(左)の横で、手本の投球フォームを見せる工藤監督
育成左腕の山下(左)の横で、手本の投球フォームを見せる工藤監督
写真を見る

 工藤監督が超ハイペースでの実技指導を行った。育成左腕の山下のブルペン投球に近づき、隣で「俺と同じペースで投げてみろ」とシャドーピッチング。6~7秒に1度のハイペースで投げさせて、力まずに投げる感覚を養わせた。50回近く繰り返し、汗だくになった指揮官は「上半身に力が入った状態で投げた球は、150キロでも簡単に打たれる。上半身から腕をムチのようにしならせれば、130キロ台でも打たれにくい」と説明。山下も「分かりやすかった。この感覚を続けたい」と意気込んだ。

=2015/11/08付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]