デホ「情熱的な応援忘れない」「活躍して恩返し」 米国移籍決まりメッセージ

李大浩内野手
李大浩内野手
写真を見る

 【釜山・中野雄策】米大リーグのマリナーズへの移籍が決まった李大浩内野手(33)が17日、西日本スポーツにメッセージを寄せた。2年間在籍した福岡ソフトバンクについて「強いチームなので、私がいなくても必ず3連覇できる」と強調。「(退団は)申し訳ない気持ちが大きいが、米国で活躍することで恩返ししたい」と語った。

 李大浩が日本メディアの単独取材に応じたのは、マリナーズ移籍発表後初めて。書面での質問に、直筆で回答した。

 李大浩は、1日の春季キャンプ開始後も再契約を待ったホークスに対し「心から感謝している」とし、ファンにも「情熱的な応援を忘れない。愛している」と感謝した。

 マリナーズとの契約については「(メジャーの)開幕メンバーに入れなければ、マイナーになる」と説明。メジャーで活躍すれば出来高払いを含め1年400万ドル(約4億5000万円)とされる契約は、ホークスから提示を受けた年俸約5億円より低いが「米国でプレーすることが、ずっと夢だった」と述べた。

 マリナーズのキャンプに合流するために16日に渡米した李大浩は「新しいチャレンジを前に、胸がときめいている。少し怖さがあるが、自信もある」と新境地に挑む胸の内を明かした。

   ◇   ◇

「ホークスV3信じる」 李大浩一問一答

 -ホークスでプレーして、良かったことは。

 「いつも野球場いっぱいのファンのおかげで、試合中にたくさんのパワーをもらい、良い結果を残すことができた。2年間、送ってくれた応援を忘れない。ファンを愛している」

 -移籍発表後、ホークスの王貞治球団会長がエールを送った。

 「本当に感謝している。王会長は、ホークス時代もいつも気配りしてくれた」

 「(オリックスでの2年間も含め)日本プロ野球での4年間は、とても特別なものだった。野球について、多くのことを勉強できた」

 -ホークス球団やチームメートに伝えたいことは。

 「ソフトバンクは強いチームだ。私がいなくても、必ず3連覇を成し遂げると信じている」

 -マリナーズではマイナーからメジャー昇格を目指す。

 「(キャンプで)良い結果を見せるので、見守っていてほしい。今までやってきた通りにやれば、うまくいく」

 -目標は。

 「故障せず、シーズンが終わるまでメジャーにいて、良い成績をあげることだ」

 

=2016/02/18付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]