倉野コーチとフォーム修正 東浜

 2日に行うB組と韓国・斗山との練習試合(宮崎・アイビー)に登板する東浜と岩崎が、ともに休日返上で調整した。A組は2月29日にキャンプを打ち上げたが、2投手は宮崎に残った。先発して4回を投げる東浜は、倉野投手総合巡回コーチから投球フォームのチェックを受けながらキャッチボール。「体重移動のポイントを指摘してもらった。癖が出てしまう部分なので」と説明。「(先発枠の)競争という考えは変わらない。しっかり結果を求めてやっていく」と決意を新たにした。軽めのキャッチボールで投球フォームのバランスを確かめた岩崎も「開幕の5人には入れなかったけど、何かあったときにすぐ1軍で投げられるように準備をしていく」と気合を入れ直した。

=2016/03/02付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]