尻に打球が直撃 痛い今季初黒星 バリオス

 バリオスが不運もあり今季初黒星を喫した。2-2の7回に2番手で登板。内野安打と犠打で1死二塁のピンチを迎えると、代打小島のピッチャー返しの打球が自らの尻に直撃した。方向の変わった打球が三遊間を抜けていく間に、二走が生還。結果的にこれが決勝点となった。3日の1軍復帰後は2戦連続無失点だったが思わぬ結末となり、試合後は厳しい表情で「ノーコメント」とだけ話して足早にバスに乗り込んだ。

=2016/08/11付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]