日本一奪回へ宮崎で始動 ホークスがキャンプイン

グラウンドでランニングする福岡ソフトバンクホークスの選手たち=1日午前10時すぎ、宮崎市の生目の杜運動公園
グラウンドでランニングする福岡ソフトバンクホークスの選手たち=1日午前10時すぎ、宮崎市の生目の杜運動公園
写真を見る

 プロ野球の11球団が1日、宮崎、沖縄両県でキャンプインし、日本一返り咲きを目指す福岡ソフトバンクホークスは宮崎市の生目(いきめ)の杜(もり)運動公園で始動した。

 首脳陣、選手は午前9時40分ごろ、メイン練習場のアイビースタジアムに集合。スタンドの観客からの歓声を受けた。工藤公康監督を含め円陣を組み、士気を高めた。

 今年は、例年主力が占めるA組に投手、野手ともに若手を多く抜てき。一方で、昨季痛めた右肘をリハビリ中の柳田や摂津、中田、松坂など、実績ある選手がB組スタートとなった。工藤監督は「厳しいキャンプになる。ベテランがB組にいることで、みんなにチャンスがあると思っている」と期待を込めた。

 昨季日本一の日本ハムは、米アリゾナ州ピオリアで現地時間1日(日本時間2日未明)にスタートを切る。オープン戦は25日に始まり、公式戦は3月31日にセ、パ両リーグが同時に開幕する。


=2017/02/01付 西日本新聞夕刊=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]