正義、隙なくせ 守備に“壁” 悪送球お手玉暴投

フィールディングがうまくいかない場面が多く、苦い表情を見せる田中
フィールディングがうまくいかない場面が多く、苦い表情を見せる田中
写真を見る
投内連係の練習でボールを処理する田中
投内連係の練習でボールを処理する田中
写真を見る
投内連係の練習で田中の送球がそれて態勢を崩す今宮
投内連係の練習で田中の送球がそれて態勢を崩す今宮
写真を見る
田中の二塁への送球がそれ、驚いた表情でボールを捕る曽根(左)
田中の二塁への送球がそれ、驚いた表情でボールを捕る曽根(左)
写真を見る

 ドラフト1位の田中正義投手(22)=創価大=が12日、プロの“壁”に突き当たった。宮崎アイビースタジアムでの内野手とのサインプレー練習に初参加したが、送球ミスなどでやり直しを連発。フィールディングに難があることを露呈した。今キャンプでは連日、全体練習後に特守を受けている右腕。開幕ローテ入りに向け、守備でも隙をなくしていく。

 キャンプ2度目の日曜日に詰め掛けたファンの視線が、思わぬ形で田中に集まった。サインプレー練習に初めて参加した右腕の送球が乱れた。

 無死一塁の場面で投前のバントを二塁へ送球するもワンバウンド。やり直したが、2球目は高めに浮き、3球目はワンバウンド。そのたびにファンのため息が広がった。「フィールディングは苦手です…」。素直に認めるしかなかった。

 守備のサインを忘れて確認し直す場面もあり、三塁線の送りバントにチャージしたらお手玉。直後、バントをさせるための投球を引っ掛けて3球連続ボール球になり、4球目は暴投。投球まで荒れ、天を仰いだ。

 「下手は練習するしかないんだよ」。状況を伝え聞いた佐藤投手コーチは「だから特守をやっている」と続けた。伸びのある最速156キロの真っすぐなど、投球では一定の評価を得ている。ただネット裏で今回のサインプレー練習を見たオリックス田上スコアラーは「真っ向勝負で打ち崩せないなら、そういうところを攻めていければ」と指摘。田中の守備が隙としてつけ込まれる恐れはある。

 田中の両腕を広げた長さは、身長より11センチ長い。特守で指導した高村投手コーチは「腕も脚も長いし、まだ体の使い方を分かっていない。体格に適したショートスローなどを身に付けないと」と説明。やはり特守に参加している高橋も含めて「あの2人は下手。エースを狙うならやらないといけない」と求めた。

 3度のゴールデングラブ賞受賞歴がある工藤監督は「一つ一つだよ。初めから全てできる人はいない。うまくなる人は練習の積み重ね」とうなずいた。田中も「少しずつ(守備への)違和感はなくなっている。練習すればできるようになると思う。練習あるのみ。頑張ります」と自分に言い聞かせるように話す。14日にはシート打撃に登板予定。“投”“守”で隙のない姿を見せ、開幕ローテの栄誉を引き寄せる。 (谷光太郎)

   ◇    ◇

 I AM JUSTICE

 (サインプレー練習後の投球練習では47球。クイックモーションでの投球や変化球も交える)「シート打撃での登板もあるので、50球くらいは投げておきたいと思った。実戦を意識した投球もしておきたかった。ボールの質自体は良かったと思う」

=2017/02/13付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]