正義「イライラ」 松坂は「収穫なし」 ホロ苦~い初競演

初のシート打撃に登板し、最初の打者・松田に四球を与える田中
初のシート打撃に登板し、最初の打者・松田に四球を与える田中
写真を見る

 最速152キロも…。福岡ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手(22)=創価大=が、プロ初登板したシート打撃で「宿題」をもらった。松田、内川ら打者7人と対戦。被安打0だったものの、2四球と制球に課題を残した。最速152キロの直球でなかなか空振りを奪えず、プロの厳しさを体感した。松坂大輔投手(36)は打者7人に2本の二塁打を許し、注目の2人の「初競演」はいずれも満点投球とはいかなかった。

■MAX152キロも2四球

 観客席のファンの拍手に迎えられた22歳が、プロのほろ苦さを味わった。2桁のチョコレートをもらったバレンタインデーのシート打撃初登板。「(自分に)イライラします。納得のボールが投げられていない」。ドラフト1位右腕は練習後に心境を明かした。

 打者7人に42球を投げて被安打0。最速152キロをマークするなど150キロ台は8球を数えたが、制球に課題を残した。先頭の松田には直球が上ずる場面が続き、最後は四球。内川は148キロで遊ゴロ併殺に仕留めたが「たまたまだと思います」と口にした。

 自慢の剛速球も本来の球威ではなかった。この日空振りを奪ったのは、曽根への145キロの1球のみ。「全体的に良くなかった。3、4球は良い球があったけど確率が低すぎる」。大学3年時にNPB選抜から4回で7連続を含む8三振を奪った姿ではなかった。

 カットボールやフォークなど変化球の制球にも苦しんだ。同学年の真砂にはファウルで粘られ、12球目の150キロでようやく右飛に仕留めた。「緊張と乾燥でボールがなかなか手に付かなかった」。開幕ローテ入りが期待される即戦力右腕は淡々と振り返った。

 シート打撃後には、工藤監督から下半身の使い方を「横の時間を長く」という表現で指導された。この言葉は田中の「下半身の粘りが必要」という反省点とも合致。16日からの第4クールでは紅白戦登板が予定されており「下半身をしっかり使って、もっと制球を良くしないと」と誓った。

■監督評価「全然普通」

 工藤監督は「緊張しただろうしね。全然普通。後ろから見て、いい球が来ていた」とひとまずOKサインを出した。その一方で、達川ヘッドコーチは「球離れがバラバラ。勝っている投手は安定しているし、現状を見たときにやるべきことは多いわな」と指摘した。

 多くの好投手の球を受けてきた達川ヘッドは「今まで津田(恒実)、山内(泰幸)、沢崎(俊和)、松坂とか新人王をいっぱい見たけど、それに比べると馬力も欲しいし、テンポも必要」と求めた。好素材と認めるからこそ、達川ヘッドからの注文は多かった。

 「ストライクゾーンに強い球を投げる」というテーマを完全には消化できず、スタンドの大歓声に「いいところを見せたいと思った。大学の時はそうじゃなかったのに」と明かしたシート打撃初登板。自分を見つめ直した上で、次のアピールの場に臨む。 (谷光太郎)

■田中の全投球内容

(1)松田(無死走者なし)
 直球     149 ボール
 直球     146 ファウル
 直球     146 ボール
 直球     147 ボール
 直球     145 四球

(2)内川(無死一塁)
 直球     150 ボール
 直球     144 ファウル
 直球     148 ファウル
 直球     150 ボール
 直球     149 ボール
 直球     148 遊ゴロ併殺

(3)吉村(2死二塁)
 直球     149 ファウル
 フォーク   130 ボール
 直球     145 ボール
 直球     145 一邪飛

(4)真砂(1死二塁)
 カットボール 132 ファウル
 直球     151 見逃し
 直球     150 ファウル
 直球     152 ファウル
 フォーク   132 ファウル
 カットボール 132 ファウル
 直球     151 ファウル
 フォーク   134 ボール
 直球     141 ボール
 直球     149 ファウル
 フォーク   133 ファウル
 直球     150 右飛

(5)釜元(1死一、三塁)
 カットボール 139 ボール
 直球     144 ファウル
 直球     145 見逃し
 フォーク   128 ボール
 カットボール 137 ファウル
 直球     146 ボール
 直球     144 四球

(6)曽根(2死二塁)
 直球     149 ファウル
 直球     144 ボール
 直球     145 空振り
 直球     150 右飛

(7)斐紹(1死二塁)
 フォーク   132 ボール
 直球     144 ファウル
 直球     146 見逃し
 フォーク   133 見逃し三振

※左から球種、球速、結果

=2017/02/15付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]