執念、5投手0封リレー 先発に故障者続出…頼もしいブルペン陣

五十嵐
五十嵐
写真を見る

 中継ぎ陣の奮闘が劇的なサヨナラ勝ちを呼び込んだ。6回途中の嘉弥真から5投手の無失点リレー。三塁を踏ませることなく、そろって安定した投球を見せた。工藤監督は「中継ぎ陣が0で抑えてくれて、よく頑張った日だと思う」とたたえた。

 執念の継投にリリーフ陣が応えた。7回途中からは森が回をまたいでの好投。9回は今季初めてセーブの付かない場面でサファテがマウンドに上がった。延長に入ると、岩崎が2イニングを0封。12回を乗りきった五十嵐が2勝目を手にした。

 お立ち台で五十嵐は「中継ぎで最後までつないで勝つことができて良かった。中継ぎ陣の自信にもなるし、流れに乗っていける。しぶとく、粘り強くやっていける」と喜びを口にした。和田ら先発陣に故障者が続出し、リリーフ陣に負担がかかっているが、頼もしいブルペン陣が勝利へのバトンをつないだ。

=2017/04/22付 西日本スポーツ=

◆ファンタブで和田毅ファミリーシート(コカ・コーラシート)が当たる!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]