デスパ“タッチ”アウト 村松三塁コーチと接触

4回2死二塁、中村晃の右前打で三塁を回り村松三塁コーチャー(右)と接触する二走・デスパイネ
4回2死二塁、中村晃の右前打で三塁を回り村松三塁コーチャー(右)と接触する二走・デスパイネ
写真を見る

 まさかの走塁死にデスパイネがうなだれた。自らの二塁打でつくった4回2死二塁の勝ち越し機。続く中村晃の右前打で本塁を目指したが、三塁で止まるようアクションした村松三塁ベースコーチと接触しそうになった。村松コーチが回避しようとしたが、勢いのついていたデスパイネの左手が村松コーチの左腰付近にタッチ。野球規則によりインターフェアでアウトとなった。「何が起きたか分からなかった…」というデスパイネに対し、村松コーチは「オープン戦でも接触しそうなときがあった。お互いに気をつけようと話をした」と明かした。工藤監督は時間をかけて抗議したが判定は覆らなかった。

 ◆「肉体的援助」でアウト 公認野球規則7・09「次の場合は、打者または走者によるインターフェアとなる」の細則(h)に「三塁または一塁のベースコーチが、走者に触れるか、または支えるかして、走者の三塁または一塁への帰塁、あるいはそれらの離塁を、肉体的に援助したと審判員が認めた場合」とある。

=2017/05/20付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]