ホークス武田にタオル投入 制球乱れ今季最多タイ6四球 4回2/3“TKO”

5回2死一、二塁、降板を命じられ、うつむきながらベンチに戻る武田
5回2死一、二塁、降板を命じられ、うつむきながらベンチに戻る武田
写真を見る

 ライバルにとどめを刺すための決断だった。1点リードの5回2死。武田がウィーラーに左中間への二塁打を許した。この日初めてカーブを捉えられた一打に続き、アマダーには今季自己最多タイとなる6個目の四球。Koboパーク宮城を覆うもやのように、どんよりとした空気が漂った。

 佐藤投手コーチは、すかさず武田のもとへ駆け付けた。マウンドの様子をうかがう工藤監督は、ベンチを出て佐藤コーチとアイコンタクト。「難しいし、あんまり僕としては…とは思ったけど。あそこで1本出てしまえばというところ。武田君には申し訳なかったけどね」。球審に嘉弥真の名前を告げた。

 勝ち投手の権利を目前にしながら降板する先発投手の心情は察するに余りある。だが、2位楽天に敵地で同一カード3連戦3連勝できるチャンスを逃すわけにはいかない。登板が続いた守護神サファテの休養を決める一方で、非情ともいえる継投策に打って出た。

 その決断に、救援陣が満点回答を見せた。左キラーの嘉弥真は、銀次をスライダーで空振り三振。回をまたいだ6回は先頭の聖沢をスライダーで3球三振に仕留めて任務完了。「武田の状態もあったので、左(打者)に合わせてずっと準備していた」。さらりと仕事をやってのけた。

 続く森は2人を8球で料理し、モイネロは7回からの2イニングを無安打で4奪三振。今季3勝目を手にした左腕は「チームの勝利が一番」と言った。9回はサファテの代役岩崎が3人で締め、自己最速の156キロをマーク。救援陣は得点どころか、走者すら許さない完全継投だった。

 ここまで50試合以上に登板するサファテ、岩崎、森を中心とした救援陣の貢献度は計り知れない。東浜、千賀と先発が奮起した後に、救援陣も変わらぬ存在感を示した。ベンチで勝利を見届けたサファテも「ナイスゲーム!」とご満悦。つかの間の休養も得て、雨の降る中でも足取り軽くバスへ乗り込んだ。 (鎌田真一郎)

 武田(今季ワーストタイの6四球を与え、4回2/3を3安打1失点で降板)「コントロールが悪く修正しようとしても立て直せなかった。先発としての仕事ができずに悔しい。めげずにがんばります」

=2017/08/21付 西日本スポーツ=

◆ファンタブで和田毅ファミリーシート(コカ・コーラシート)が当たる!

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]