ホークスのモイネロCSダイジョウブ

18日の西武24回戦で延長10回1死一、三塁、森に同点打を浴びたモイネロ
18日の西武24回戦で延長10回1死一、三塁、森に同点打を浴びたモイネロ
写真を見る

 18日の西武戦で左肘の違和感を訴えて緊急降板したリバン・モイネロ投手(21)が19日、出場選手登録を外れた。札幌市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、左前腕屈筋群の張りと診断された。今後は1軍に同行しながら調整。代わりに飯田優也投手(26)が1軍昇格する。

 検査を終えたモイネロは「思ったより(症状は)軽いので、早く戻ってきたい」と強調。工藤監督は「CSに絶対必要な選手。無理はさせない」と話しており、10月18日に始まるクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージには間に合う見通し。早ければレギュラーシーズン中に復帰する可能性もある。

 モイネロは3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でキューバ代表としてプレーし、育成契約で5月末に来日。6月16日に支配下選手登録と同時に1軍昇格。34試合に救援登板して、4勝3敗15ホールド1セーブ、防御率2・52の活躍を見せていた。

=2017/09/20付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]