アジアCS侍ジャパン25選手発表 稲葉監督、気になる選手は…

 「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16日開幕・東京ドーム)に出場する日本代表「侍ジャパン」の25選手が12日、東京都内で発表され、福岡ソフトバンクからは上林誠知外野手(22)と、オーバーエージ(OA)枠で甲斐拓也捕手(24)が選出された。西武の山川穂高内野手(25)、中日の又吉克樹投手(26)もOA枠で入った。

 出場資格は、原則24歳以下か入団3年目以内の選手。記者会見に臨んだ侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)は、OA枠に悩んだと明かした上で、「甲斐選手は今年、ソフトバンクの優勝に大きく貢献した。今後も見据えてぜひ見たいと思った」と説明。「オーバーエージの3人にはチームの柱としてやってもらいたい」と、求めた。上林に関しては「僕によく似ていると聞く。気になる選手」と期待を寄せた。

 大会は日本、韓国、台湾が参加し、3チームの総当たり戦の後に上位2チームが決勝を戦う。 (伊藤瀬里加)

=2017/10/13付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]