SBドラ3増田“6ツール”目指す ミート、パワー、守備、肩、走塁…6つ目は?

指名あいさつを受け、王球団会長のサイン入りボールを手に笑顔でポーズを取るホークス3位の横浜高・増田
指名あいさつを受け、王球団会長のサイン入りボールを手に笑顔でポーズを取るホークス3位の横浜高・増田
写真を見る

 目指すは“6ツール”プレーヤー! 福岡ソフトバンクにドラフト3位で指名された横浜高の増田珠(しゅう)外野手(18)が31日、横浜市の同校で永井球団統括本部長補佐らの指名あいさつを受けた。走攻守そろった好素材は「ハートの熱さ」もアピール。内野手として勝負する「元気印」は次世代のチームリーダーとしても期待がかかる。

 寮の部屋には自らの理想像を書いた紙を貼り付けている。「5ツールプレーヤーになる!」。打撃のミート力、パワーに加え守備、肩、走塁の5項目。野手に必要な要素すべてを兼備したいとの思いからだった。

 横浜高の先輩で、かつてホークスでもプレーした多村仁志は通算195本塁打の右のスラッガーで、5要素にファッションを加えた「6ツールプレーヤー」を自称していた。増田は「僕は顔とかはないので…。やっぱりハート。心を静めるより、気持ちを盛り上げていった方が良い結果が出る」と白い歯を見せた。

 球団は入団すれば三塁手として育成する方針で、増田も既に練習に着手。担当の荒金スカウトは「あの元気はダイヤモンドの中で生きる。内川や松田の姿を見て学んで、ファンにも愛される選手になってほしい」と看板選手となり得る“熱男候補”の飛躍に期待した。 (鎌田真一郎)

=2017/11/01付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]