ソフトB内川奇跡呼んだ 独占手記 ありがとう横浜 足を手術したのにドラ1で指名

9回1死、左翼テラス席へ同点ソロを放つ内川
9回1死、左翼テラス席へ同点ソロを放つ内川
写真を見る
内川の自宅に飾られている横浜時代のユニホームや野球用具
内川の自宅に飾られている横浜時代のユニホームや野球用具
写真を見る

 主将として初めて日本シリーズに出場し、チームを2年ぶりの日本一に導いた内川聖一外野手(35)が本紙に手記を寄せた。頂上決戦の相手はDeNA。前身の横浜にプロ入りから10年在籍していた内川は「古巣対決」と注目されたが、周囲の声に惑わされることなく最後まで戦い抜いた。2年前は直前で故障離脱して立てなかった舞台。自身3度目の日本一を達成した今の胸の内をつづった。

 また一つ、試練を乗り越えたと思う。2年ぶりの日本一。やっと、少しは恩返しできたかな。左手親指を骨折して7月末から2カ月離脱した。リーグ優勝の瞬間はグラウンドにいられなかったが、またCS、日本シリーズで戦える舞台を用意してくれたチームメートには本当に感謝している。

 主将になった2015年は、日本シリーズ直前にあばら骨を折って出場できなかった。今回は何とか無事にシリーズを迎えたいと、気を使っていた。そんな中、DeNAとの対戦が決まってからずっと「古巣との日本シリーズ」と言われた。余計な意識が入らないように、無意識にガードしていた自分もいたと思う。今はすっきりした解放感がある。

 シリーズ前の共同インタビューで、DeNAとの対戦について問われ「どうでもいい」と答えた。日本一を争う舞台では、相手が古巣であろうとなかろうと絶対に勝ちたいし、その場に個人的な感情を持ち込む必要はない。だから、質問自体に意味がないと思った。

 横浜には恩がある。高校(大分工)1年秋に左足のかかとの骨に穴が開く病で手術した僕を、ドラフト1位で指名してくれた。大学かプロか、進路でずっと悩んでいた。プロでやれる自信もなかったし、大学に行けば4年夏にアテネ五輪を迎えることができた。

 当時の代表はアマチュア選手が中心の編成。縦じまで、左胸に日の丸が入ったユニホームを着たいという夢があった。ただ、プロで通用しなかったとしても大学には入れるけど、大学に行ってもプロになれるとは限らない。そう思ってプロ入りを決断した。横浜が足の病気を理解してくれていたことも大きかった。

■伸び悩み引退も…母の言葉で目が覚め

 1年目で開幕1軍に入ることができたけど、5年目ぐらいまでは毎日必死だった。レギュラーをつかみかけては離す。そんなことが続くうちに、他球団では同い年の中島(元西武、現オリックス)や片岡(元西武、巨人、来季から巨人コーチ)が活躍し始め、置いていかれる感覚があった。

 このままだらだらしていても仕方ないと思い07年オフ、野球道具をまとめて母(和美さん)に電話で「野球、やめるから」と言った。「もっとがんばりなさい」と言われると思っていた。だけど、違った。「あんたが好きで野球を始めたのに、嫌いになってまでしなくていい。やるだけやったんでしょ?」。ハッとした。本当にやりきったのだろうかと。

 そのとき出会ったのが打撃コーチに就任した杉村繁さん(現ヤクルトコーチ)だ。それまで、打撃に関して人の言葉に耳を貸したことはなかった。駄目になってもいいと思っていたから話を聞けた。どんな打撃がしたいか聞かれ、前でさばいてカーンとホームランを打ちたいと言った。すると「ばかたれ! (前年まで所属の)ヤクルトはその打ち気を利用して、体を前に出させて打ち取ろうとしている」と言われ、驚いた。

 それから、とことん練習に付き合ってもらった。試合前は必ずティー打撃。そうしているうちに結果も出始めた。レギュラーをつかみ、首位打者のタイトルまで取れた。翌年にはWBCにも出られた。結局、日の丸のユニホームを着る夢もかなった上に、世界一も経験した。あの2年がなければ、今の僕はない。

 ただ、WBCでの息詰まる戦いの後、チームに戻るとギャップに苦しんだ。レギュラー、主力と立ち位置が変わるにつれ、自分の成績だけでは満足できずイライラが募り始めた。だけど誰も、チームが強くなるすべを知らない。「1人だけ打って調子に乗るなよ」「打てれば何でもいいのか」。そんな声が耳に入るようにもなったが、打たないことには勝てないでしょ…って心の中で思っていた。

■酸いも甘いも知った横浜の10年間

 球団にも本拠地移転や身売り話が出て、落ち着かなくなっていた。FA権を得て、自分が選んだチームに行けるのはこれが最後だろうと思った。家にいたら電話が鳴りやまず、妻(翼さん)と軽井沢(長野県)に行って、静かな中でゆっくり考えた。優勝争いをしているチームがどういう感覚でプレーしているのか知りたかった。そして、野球を始めてから僕を見てくれた大分の人に、生で観戦してもらえる環境は九州のチームに行くことだと思った。

 移籍1年目の11年、横浜との交流戦でブーイングを浴びた。覚悟はできていたけど、そのころはファンの反応が気になりネットの書き込みを見た。交流戦でMVPを取ったときに「横浜では縁がなかった」と言った。それが「横浜をバカにしているのか」とファンを怒らせた。すべてが、ホークスとベイスターズの比較論になることに戸惑いながら、自分ではどうすることもできなかった。

■今のDeNA選手 ファンに夢見せた 僕はできなかった

 横浜を嫌いになったことはない。今でも自宅のショーケースに横浜時代の帽子やユニホーム、野球用具一式を飾っている。横浜に自分がいた証しだから。ただ僕がいたころの横浜と、今のDeNAは別物だと感じている。親会社が代わり、ユニホームやマスコットだって当時と違う。選手もほぼ入れ替わった。新しい球団になって人気が出たのだと思うと、ちょっとした寂しさもある。

 今のDeNAの選手たちには、僕が横浜にいたときにはできなかった、ファンに日本一を夢見るチャンスをつくってくれて感謝している。だからこそ思う。次は互いにリーグ優勝して、もう一度日本シリーズで戦いたい。そのときは僕の中でもまた、新たな感情が生まれるのではないかという期待があるから。 (福岡ソフトバンク外野手)

■日本一に涙あふれる 優秀選手に選出

 まさに起死回生の一発だった。1点を追う9回1死走者なし。内川が守護神山崎康のツーシームをすくい上げた。左翼テラス席への同点ソロ。土壇場で試合を振り出しに戻し、延長11回にサヨナラ勝ちで日本一が決まると涙があふれ出した。チームメートによる胴上げで4度宙に舞い、工藤監督には優勝インタビューで「最高の男です!」と呼び出された。お立ち台では「けが(左手親指骨折)をしたのに救ってくれた。日本一になれたのも、みんなのおかげ。ありがとう」とチームメートに感謝を伝えた。今シリーズは22打数7安打3打点の活躍で、優秀選手に選出された。


◆内川聖一(うちかわ・せいいち)1982年8月4日生まれ。大分市出身。大分工高からドラフト1位で2001年横浜入団。08年に右打者最高打率の3割7分8厘で首位打者に輝いた。ソフトバンクに移籍した11年に史上2人目の両リーグ首位打者を獲得しリーグMVPも受賞。日本代表では09、13、17年にWBC出場。15年からソフトバンク主将。通算成績は1769試合で打率3割1分、176本塁打、886打点。185センチ、90キロ。右投げ右打ち。

=2017/11/05付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]