ソフトB吉住「清宮に負けたくない」 初めて生対面、対抗心メラメラ

NPB新人選手研修会に参加し、登壇者の話に耳を傾ける(右から)吉住、増田、田浦
NPB新人選手研修会に参加し、登壇者の話に耳を傾ける(右から)吉住、増田、田浦
写真を見る

 NPB新人選手研修会に参加した福岡ソフトバンクの選手たちが清宮に刺激を受けた。ドラフト1位の吉住晴斗投手(17)=山形・鶴岡東高=は初の“生清宮”に闘志をかき立てられた。野球殿堂博物館の見学の際に多くの報道陣を引き連れる姿を目撃。会話の機会こそなかったが「初めて生で見た。今までテレビで見ていた存在。(対戦)相手となる以上は負けたくないし、同じ世代の中で上になりたい」と対戦の日を見据え表情を引き締めた。

 昨年のU-18(18歳以下)ワールドカップで日本代表として清宮とともに戦った、ドラフト5位の田浦文丸投手(18)=熊本・秀岳館高=は再会を喜んだ。控室では会話も弾んだようで「戦う以上は負けたくないが、普段は楽しくやっています。またプロの代表としてU-18のメンバーで戦えたらいいな」と夢を膨らませ、プロでの飛躍を誓った。 (山田孝人)

=2018/01/12付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]