ソフトB上林が内川先輩に宣戦布告!! 「成績で負けたくない 一つでもいいので超えたい」

打撃練習に励む上林
打撃練習に励む上林
写真を見る
内川(右)とともに自主トレに取り組む上林
内川(右)とともに自主トレに取り組む上林
写真を見る

 師匠に勝つ! 宮崎県日向市で自主トレを行っている福岡ソフトバンクの上林誠知外野手(22)が19日、師事する内川聖一内野手(35)に挑戦状を突き付けた。昨季ブレークした若タカは5年目の今季を勝負の年と位置付けており、真のレギュラーとなるべく、通算2000安打イヤーを迎えた大先輩を強く意識。まずは「本塁打」に照準を定めて、個人記録で「球界の顔」に食らいついていく。

 師弟関係であることに変わりはない。ただ、いつまでも仰ぎ見る存在ではいけないことを、上林は分かっている。「お手本にしているけど、成績で負けたくない。若手の自分が成績を超えることで、チームもどんどん強くなる」。さらなる飛躍を期す22歳は、背中を追いかけてきた師匠を今年から“ライバル”としても意識する。だからこそ、はっきりと言い切った。「打率は難しい。でも、ホームランとか…。一つでもいいので超えていきたい」

 入団2年目から続く、内川との合同自主トレは今年で4度目となった。球界最高峰のバットマンからの一言一句を水の上に置いたスポンジのように吸収し、自らの血肉にしてきた。初めて規定打席に到達した昨年は、日本代表の侍ジャパンにも選出された。一方でシーズン終盤は相手が左投手先発の試合でスタメン落ちし、ポストシーズンでは不振で出場選手登録を抹消され、悔し涙を流した。

 真のレギュラーとなるために、あえて高いハードルを設定した。とはいえ、内川は両リーグでの首位打者経験者であり、8シーズンで打率3割をマーク。バットコントロールを含めた技術が現役屈指なのは言うまでもない。まずは「本塁打」に照準を定める。昨季は内川の12本に対し、上林が13本で1本上回ったが、もちろん喜んではいない。故障もあり内川の出場数は移籍後最少の73試合。本塁打率(打数÷本塁打数。本塁打1本に要する打数)では内川の22・17に対し、上林は31・92と、その差は歴然だった。

 しかも内川はクライマックスシリーズで4戦連発、日本シリーズでも第6戦の9回に起死回生の同点弾を放つなど、4番として卓越した勝負強さを見せつけた。「まだまだ勝っているとは思わない」と、上林が口にしたのも当然だ。143試合に換算すると、昨季の内川は23・5本塁打ペース。「師匠超え」には最低でも20発がノルマとなる。

 自主トレでは飛距離アップをテーマの一つにしてバットを振り込んでいる。イメージは「V字打法」-。トップから最短距離で球を捉え、大きなフォロースルーでバットを振り上げる。そんなスイング軌道を体に覚え込ませている。打球に角度が付けば長打増も期待でき、スタンドインの確率も高まる。「ギータ(柳田)さんは、フライを打って(打)率も残している」

 高い能力を認めているからこそ、内川も「まな弟子」の現状が物足りない。「もう少しできるんじゃないかと思う。どんな状況でも出続けることがレギュラーの証しだから」と、上林からの“挑戦状”を受け取った。師弟からライバルへ-。そんな関係が来る日を内川自身も楽しみにしている。 (鎌田真一郎)

=2018/01/20付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想 これを買え!
今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]