ソフトBドラ4椎野、工藤監督にブルペン投球を披露

ブルペンで投げ込む椎野(左)と渡辺雄
ブルペンで投げ込む椎野(左)と渡辺雄
写真を見る

 ドラフト4位の椎野が工藤監督にブルペン投球を披露した。初ブルペンで29球を投げた22日に続き、捕手が立った状態で31球の投球練習。ラストの数球は工藤監督も見つめていた。2日連続でブルペン入りした右腕は「見てもらえていたんですか。うれしいです。(連投は)中継ぎと言われたときに苦しくなるので、準備をしておこうと思って」と汗を拭った。2位の高橋礼(専大)はメディカルチェックのため、予告していた“御前投球”はかなわなかった。

=2018/01/24付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]