ソフトBドラ1吉住「緊張感あった」

キャンプ初日、B組のブルペンも満杯状態
キャンプ初日、B組のブルペンも満杯状態
写真を見る

 ドラフト1位ルーキー吉住(山形・鶴岡東高)がプロ初キャンプで懸命に汗を流した。雨で午後練習となったB組で約5時間半。「(1月の新人)合同自主トレより緊張感がありましたし、練習メニューもきつかった」。田浦(熊本・秀岳館高)とともに高卒新人投手は、チームの育成方針で少なくとも第2クールまでブルペン入りしない予定。「焦らずしっかりキャッチボールからやっていきます」と言いつつ、シャドー投球で鋭く腕を振っていた。

=2018/02/02付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]