ソフトB今宮ぜいたく特打 工藤“打撃投手”と40分間

工藤監督(左)のボールを打つ今宮
工藤監督(左)のボールを打つ今宮
写真を見る

 初の打率3割を目指す今宮が通算224勝の名球会左腕を相手に“ぜいたく”なマンツーマン特打を行った。全体練習後に室内練習場へ足を運んでのフリー打撃。工藤監督が投じた球を約40分間、ほぼノンストップで快音を響かせた今宮は「きょうは特守も(屋外での)特打もなかったので、監督にお願いしました」と汗を拭った。工藤監督は「(今宮に)疲れたか?と聞いたら『疲れました』と言ってたから(40分で)やめた。まあ、今が一番疲れが出る時期だからね」。こちらは2回を投げた10日の巨人とのOB戦から中1日での“強行登板”にもかかわらず、相変わらずのタフネスぶりを発揮していた。

=2018/02/13付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]