ソフトB甲斐「朝から意識してた」143キロ直球を中前へ 千賀から会心の一打

甲斐(奥)から安打を浴び悔しがる千賀
甲斐(奥)から安打を浴び悔しがる千賀
写真を見る

 千賀、柳田とともに侍ジャパンに選出された甲斐は、千賀から会心の一打を放った。143キロの真っすぐを中前へクリーンヒット。昨年ずっとバッテリーを組んだ同期入団からの一打に「朝から意識していた。三振とかで抑えられたら、1年間言われ続けると思ったんで…」。大きくのけぞるポーズを見せ「打った後、あいつを見たら、こんなふうになっていた」と笑った。笠原から左翼線二塁打も放ち、この日は2安打。最後は引き締まった表情で「これを続けていかないと」と話した。

=2018/02/14付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]