ソフトB工藤監督サバイバル幕開け宣言 「結果残せない人は…です」

キャンプ休日、宿舎に戻った工藤監督
キャンプ休日、宿舎に戻った工藤監督
写真を見る

 最終エンド突入! 工藤公康監督(54)が今キャンプ最後の休日となった23日、本格的なサバイバルの幕開けを宣言した。24日から最終クールを迎え、27日には対外試合がスタートする。「少しずつ選手を見極めないといけない。ここから本当の戦いが始まる。全員は(1軍枠に)入れない。しっかりアピールをしてほしい」と生き残り競争をあおった。

 24日の紅白戦にはB組から2年目の田中、古谷も登板予定。まめの影響で出遅れた田中には数少ないアピール機となる。指揮官は「実戦の評価は大きい。結果を残せば次の機会もあるが、残せない人は…です」とふるい落としを予告した。

 「1軍で使えるというものを見せてもらうのは条件の一つ。そんなにたくさん(チャンスを)あげられるわけじゃないので、しっかり調整してほしい。頑張ってもらうしかないですね」。明日なき戦いをシビアに見守っていく。

=2018/02/24付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]