どうしたソフトB右翼の本命 上林3タコ2三振

4回無死、三振に倒れる上林。投手・伊藤
4回無死、三振に倒れる上林。投手・伊藤
写真を見る
1回2死満塁、空振り三振に倒れる上林
1回2死満塁、空振り三振に倒れる上林
写真を見る
試合前練習で打撃投手を務める工藤監督
試合前練習で打撃投手を務める工藤監督
写真を見る

 ◆オープン戦 ソフトバンク2-3西武(7日・ヤフオクドーム)

 カモを一気に沈める大チャンスだった。初回2死満塁。上林は菊池のフォーク攻めに屈した。4球連続のフォークで空振り三振。4回は新人の伊藤に3球三振に切られ、6回の好機も初球で凡退した。「(菊池は)初めての攻め方で戸惑った。結果を求めてしまって大きくタイミングが取れていない。その分対応できていなかった」と悔やんだ。

 球界屈指の左腕との対決はレギュラー取りに絶好のアピール機のはずだった。昨季、対左投手の打率は右投手に比べて約6分下回る2割1分2厘。左腕攻略はレギュラー定着に直結する。藤本打撃コーチは「フォークばかりでやられた。こういう攻め方になると教えてくれている。オープン戦の何試合かで攻略していかないと」と苦言を呈した。

 侍ジャパンにも選ばれ、右翼のレギュラーの本命だが、うかうかしてもいられない。3打席凡退後、7回の守備で退いた。藤本コーチは「交代じゃなくて、代えられたんや。侍で疲れているから交代じゃない。本人も自覚していると思うけど、結果を出さないとレギュラーにはなれない」と、口調は厳しい。

 苦難の“予兆”だったのか、アーリーワークでは打撃投手を務めた工藤監督にバットを折られた。「やったぜ、バヤシ(上林)のバットをへし折った。明日の1面だね」と上機嫌の指揮官に苦笑い。試合でも3タコと踏んだり蹴ったりの1日となった。

 レギュラー不在の二塁争いは激しいアピール合戦が続く。右翼争いも無風で終わるとは思えない。本命の上林は「それ(レギュラー)を気にしすぎなのかなと思う。気にしないようにしていても力が入って体が固まる。次からは開き直って、形とかを気にせずに無心でやっていきたい」と言い聞かせた。試合後は打撃マシンを打ち込むために室内へ。「いい感触でこれかなというのもあった」。がむしゃらに求めていくしかない。 (小畑大悟)

=2018/03/08付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス
ボートレース3連単直前予想 渡辺将司の「これを買え!」

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]