ソフトB松田は西武・十亀から6.5打席に1発打つ 通算6号勝ち越しV3ラン

6回1死一、三塁、左翼スタンドに勝ち越し3ランを放つ松田
6回1死一、三塁、左翼スタンドに勝ち越し3ランを放つ松田
写真を見る

◆ソフトバンク4-1西武(26日・ヤフオクド‐厶)

 ここ一番で、キラーぶりをさく裂させた。同点に追いつかれた直後の6回。1死一、三塁で、十亀のカーブがど真ん中へ吸い込まれてくると、松田が待ってましたとばかりに強振した。ドヤ顔でベンチを見つめ、バットを放り投げると、打球は左翼席に着弾。大敗した前夜からたまっていた鬱憤(うっぷん)を、ど派手な4号決勝3ランで吹き飛ばした。

 「勝ち越すチャンスだったし、つないでくれたので必ず勝ち越すつもりだった。集中できた」

 1、2打席目こそ凡退したが、驚異の「亀キラー」ぶりで勝利に貢献した。3日の今季初対戦で2号ソロを放つなど、十亀には通算で打率6割1分8厘(34打数21安打)6本塁打。「初対戦の投手だけは違うけど、ほとんどの投手は何十回も対戦しているのでイメージすることが大事。(対十亀は)成功例が多いのでイメージしやすいところはある」と、かもにし続ける秘訣(ひけつ)を明かす。

■驚異の打率・618

 相性だけに頼ったわけではない。開幕から状態が上がらず、前カードの日本ハム3連戦でも計1安打。打率が2割を切り、札幌から帰る道中に糸口を探すため、打席の動画を見まくるうちに「やったらアカンことばっかりしてたかも」と気付いた。

 まずは目。「ベースに寄っていって利き目(右目)でばかり球を見てた。やっぱ両目で見なアカン」。もう一つはスイング軌道。「最短距離と思ってレベルの意識やったけど、2015年からアッパーにして良かったわけやから」。いずれも「結果欲しさ」からの狂いだった。

 この西武戦からは、予備動作で三塁方向へ体をひねり両目で投手を凝視。アッパー気味のスイングを打撃コーチにチェックしてもらい「ヘッドは下がってないよ」とお墨付きを得た上で臨んだ。

 十亀との相性を買い、4試合ぶりに松田を6番に昇格させた工藤監督も「いやー、もう思いっきり期待してました。松田君が失投を逃さないで決めてくれたというのが非常に大きい」と満足顔。負けていれば貯金がなくなっていた一戦で「亀キラー」が光った。 (倉成孝史)

◆最多は岸から7本

 松田が十亀から6発目。通算216本塁打のうち最も多く放った相手投手は岸の7本で、十亀からの6本は涌井、金子と並ぶ2番目だ。岸から1本塁打に要した打席が14なのに対し、十亀からは6.5で半分以下。通算対戦打率も十亀だけが6割を超え、飛び抜けていい相性を誇っている。

=2018/04/27付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]