ソフトB内川、3度目の大分県民栄誉賞 2000安打達成で…大分市民栄誉賞も3度目

通算2000安打を達成し、笑顔でボードを掲げる内川(=5月9日撮影)
通算2000安打を達成し、笑顔でボードを掲げる内川(=5月9日撮影)
写真を見る

 大分県は21日、通算2000安打を達成した福岡ソフトバンクホークスの内川聖一内野手(35)=大分市、大分工高出身=に、県民栄誉賞にあたる県賞詞を贈ることを発表した。内川の受賞は2009年、12年に続いて3回目。

 広瀬勝貞知事が同日の定例記者会見で発表した。広瀬知事は「生粋の大分っ子である内川選手が苦労を重ねて到達した記録。心から祝福したい」と述べた。今季終了後までに授与する。

 内川は、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表として優勝した09年、史上2人目のセ・パ両リーグ首位打者を取ったシーズンの翌12年にも県賞詞を授与された。

 また大分市も市民栄誉賞を授与することを決めた。同賞の授与も3度目。 (後藤薫平、岩谷瞬)

=2018/05/22付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス
ボートレース3連単直前予想 渡辺将司の「これを買え!」

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]