秋山幸二氏、今語る西武時代「バント拒否して交代」事件/ホークスOBトーク4

1989年、西武の秋山(左)。中央は森祇晶監督
1989年、西武の秋山(左)。中央は森祇晶監督
写真を見る

 ソフトバンクは6月2日のDeNA2回戦(ヤフオクドーム)を、球団創設80周年企画「レジェンドデー」の第3回として開催した。ゲストとして招かれたダイエーOB、ソフトバンク前監督の秋山幸二氏(56)が試合前、球場に隣接するヒルトン福岡シーホークでのトークショーに登場。ファン約210人を前に語った内容をお届けする。全4回の第4回。

-ホークスファンにたくさんの感動を与えてくれた秋山氏。せっかくなので質問を受け付けます。

(Q.現役時代の忘れられないプレー、試合は)

 そうですね、まあ思い出はあるんですけど、多分、僕が一番変わったのは、やはり、あの「バック宙ホーム」です。あれをやって、こう…何つうかな、自覚が芽生えたって言うんですか。

 それまでは、こういう選手になりたいとかって(思いは)ありながらやってたんだけど、あれをやったばっかりに、周りの人の目が、見方がね。マスコミも、ファンの皆さん方もそうだったけど、そのこう、注目度って言うんですか? 視線と。かなり自分の中で意識が変わったっていうのがありますね。だからあれが一番でしょうかね。やっぱりね。

-今でも「珍プレー好プレー」で必ず取り上げられます

 でもね、そんなにやってないのにね。

-何回やったんですか

 5回です。5回。サヨナラホームランで一回、やったんですよ。何かサヨナラホームランでやるっていう話で、結局日本シリーズでそういう(西武時代の1986年、広島との日本シリーズ第8戦で、6回に同点2ランを放った後に披露)。

 僕はね、チームをこう、盛り上げようとしたんですよ。1分け3敗で、もう日本シリーズだめだと。もう負けって。それからもう、みんな気楽にやってたら、あれよあれよという間にね、3勝3敗1分けまでいったんですよ。

 そして最終第8戦になったら、もうね、ベンチにいたら、えらい(チームが)緊張してるでんすよ。東尾さんとか、みんなね、先輩もいたんですけど。もうベンチの中ね、シーン…ってしてる。で、僕まだ若かったんで。これ、ホームラン打ってバック宙したら盛り上がるかなって。それでやったんですよ。チームを盛り上げようと思って。それが一番のきっかけでしたもんね。

-結果、日本一になった。

 そう。

-会場に生でバック宙ホームインを見られた方は?

 (挙手したファンがおり)ああ、あるんですか。日本シリーズで? ああ、その第8戦のとき? 生で…すごいですね。へえ…。

(Q.西武時代に「送りバントを拒否して羽生田と交代」という話があった。ホークス移籍後は結構、バントをしていたが、どういう心境の変化があったのか)

 ああ。ありましたね。新聞1面になりましたね。「秋山 バント拒否」というね(笑)。あった。いいですね。素晴らしい。すごく昔のことを覚えてもらってて。

 ええと、新聞1面だからね。「秋山バント拒否」っつって。「おれ拒否してないんだけどなぁ」と思いながらね。あん時はね、そういう展開になった中で、8回ぐらいだったかな。後半ですよ。もう、当然、ああ、バントもあり得るなっていう場面だったんですよ。

 で、僕もネクストサークルでこうやって(準備)やってました。で、ああ、バントもあるかもなって思いながら立ってました。そしたらね、黒江さんがヒョコヒョコっと来たんですよ。当時、森監督、黒江ヘッドコーチですよ。

 「秋山、バント自信あるか」って言うから、「ないです」って(笑)。「バントは自信ないです」って言って。「そうかぁ」って、トコトコトコって帰っていって、で、交代って。そしたら次の日「秋山バント拒否」。

-自信がないと言っただけだった

 いや自信はねー、ないじゃない? そんなにバント練習しないから。でも、僕から言わせれば、それでもサイン出せばいいんですよ。サインを。で、もう、僕は一生懸命、多分、バントをすると思います。成功するか、失敗するかは分かんないけど。僕はそう思ったんですけどね。

 だって「自信あるか」って言ったら、そりゃバントは自信ないですもんね。でもホークス来て、バント、もう結構やってますけども、別にそれは野球の中で勉強していかなきゃいけないとこなので。チームが勝つためにっていうのがね。特にやっぱりあのー、王監督の時にはね、やっぱり勝たなきゃいけないっていうのをね、選手に言われてましたんで、それはもう全然、問題ないです。バントうまいんですけどね。バント、だいぶ練習しましたから。

-野球で苦手なことは

 うーん…そうですね。強いて言えば…うーん、ヒットを打つ? ハハハハハ。まあ、そうでもないなぁ。何ですかね。あんまり苦手っていうのはないですね。

(Q.ダイエーが初優勝した99年当時、対戦した中ですごいと感じた選手は?)

 ピッチャーですか? 野手も含めて? うーん…。あのね、やっぱり選手時代はね。このピッチャー…昔ね、カモと苦手とか何か、そういうの聞かれること、あったんですよ。でもね、好きなピッチャーは言うけど、嫌いなピッチャーは口に出して、自分でね、言わないようにしてる。

 何でかって言うと、自分で意識しちゃうから。メンタルってやっぱり、自分で意識して、いい方にいけばいいけどね。逆に、変に意識すると、自分であー…苦手になってるのかって思っちゃうんで。なるべくそういうふうには思わなかった。

 ただ、いいピッチャーはたくさんいました。野茂(英雄)もいいピッチャーだったし。いっぱいいますよ。だって星野(伸之)君なんかね、120…真っすぐなんか130キロも出なかったですね。120何キロとか。で、カーブが100キロぐらいでね、ビューンと。あとフォーク。3種類だけですよ。でもそれでも百何十勝しますからね。球が速いからいいピッチャー、ではなくてね、技術があって、うまいなっていうピッチャーがいます。

 野手に関しては、僕の中ではやっぱり、右は落合(博満)さん。で、左はね、ランディ・バース。これは僕、センター守ってたんで。ピッチャーの真後ろから見てんですよ。当時の西武のピッチャーが投げてます。もうほんと、いいピッチャーが。ところが、見逃し方でも捉え方でもね、全部タイミングが合ってるんですよ。いろんなピッチャーが投げてくるんだけど、それに対していつもこう、タイミングが合って、見逃したりとかしてね、そういうバッターはこの2人だけ。

 バースは日本シリーズしか会ってませんけども。うん。うん。ほんと、見てて、アッ、これ全部タイミング合ってんな、打たれんじゃねえかなっていう気持ちになるんですよ。守ってて。

 そう感じたのはこの2人。すごかったですね。はい。

-同じ時代だったら大谷と対戦してみたいですか?

 分かんないねえ(笑)。

-サファテはどうですか?

 サファテ、怖い。ハハハハハ。どこ投げてくるか分かんない(笑)。まあ、まあ、速いピッチャー見てみたい気持ちはありますね。

 いいバッターってね、目ぇつぶった瞬間にもう投球フォームが全部、分かる。打席に立って、1回見たときに、ああ真っすぐのスピードは、こういう速さで、スライダーのキレとか、カーブの抜け方とか、全部イメージできるんですよ。その中で、どれを抜こう(捨てよう)、どれが次に来るのかな? っていうので、駆け引きしていくんですけど。

 今まで対戦したピッチャーの画像見たら、もう、すぐ分かりますね。投げ方とか、投球のリズムとか、ああ、真っすぐはこれぐらいのスピードで、ああ、変化球はこれぐらいの曲がりでいってたなとかは、記憶に残ってますね。

-そろそろお時間となりました。

 今日は優勝…あ、優勝じゃなくて勝つこと(笑)。優勝する前に、まず勝つことをね前提に、はい、皆さん一生懸命、応援してください。ありがとうございました。

 (おわり)

=2018/06/05 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]