松坂ショック引きずった? ソフトB今季初の完封負け、セ下位に4連敗…ファンから痛烈「気合を入れろ」

中日に連敗し、力なく引き揚げる工藤監督(手前)
中日に連敗し、力なく引き揚げる工藤監督(手前)
写真を見る

 ◆中日3-0ソフトバンク(9日・ナゴヤドーム)

 弱きを助けて、痛恨の4連敗…。工藤ホークスが中日の左腕ガルシアにわずか3安打に封じられ、今季56試合目で初の零封負けを喫した。8日には昨季までチームメートの松坂に白星を献上しており、ナゴヤドームのタカ党からは「気合を入れろ、ホークス!」の痛烈なコールが飛んだ。前カードのヤクルトに続き、セ界でBクラスの中日を気前よくアシスト。そんな余裕はないはずだけど…。

 最後は、内角いっぱいに150キロ直球を投げ込まれた。3点を追う9回2死走者なし。ガルシアの112球目に、柳田のバットは動かなかった。見逃し三振で試合終了。スコアボードに9個目の「0」が並んだ。今季56試合目で初の零封負けで、痛恨の4連敗だ。

 満員の右翼席から「燃えよドラゴンズ」の大合唱が響く。次は左翼席の一角に陣取るタカ党から痛烈なコールが飛んだ。「気合を入れろ、ホークス! 気合を入れろ、ホークス!」。キューバ出身の新外国人左腕から放ったのは、わずか3安打。無理もなかった。

 「完敗ですね、今日は。相手ピッチャーが上だったというところです」。工藤監督もきっぱりと負けを認めた。8日は昨季までチームメートだった松坂に白星を献上したばかり。そのショックを引きずっているかのように、打線は最初から湿りっぱなしだった。

 初回1死一塁から中村晃、柳田が連続三振。2回は松田の左前打と上林の内野安打で無死一、二塁としたが、下位が進塁すらさせられなかった。3回からは3イニング連続で三者凡退。6回は川島が二塁打と犠打で三進したが、中村晃の投ゴロで本塁突入して憤死した。

 ガルシアとはオープン戦で対戦が1度あったが、狙い球を絞れなかった。直球にスライダー、チェンジアップ、ツーシームと多彩な球種を制球よくちりばめられ、工藤監督は「もっと球がばらけるという話だったけど、いいところに決められた」と振り返った。

■球団記録55で止まる

 今後に影を落としかねない敗戦だ。今季は開幕から55試合連続で零封負けがなく、球団記録だった49試合(2016年)を更新していたが、ついに止まった。前カードでは対戦前までセ・リーグ最下位だったヤクルトに連敗を喫し、7日までセ界の最下位だった中日にまで黒星を並べた。

 得意の交流戦での6連勝スタートでつくった貯金も「2」まで減った。「こういうゲームもある。こんなとき切り替えを早く、明日に向かってしっかりやっていくことが大事」。工藤監督は前を向いたが、例年同様の「パ優位」で進んでいる交流戦で、あまりに痛すぎる4連敗となった。 (倉成孝史)

◆交流戦4連敗

 ホークスの交流戦4連敗は2007年、12年に続き、6年ぶり3度目。07年は4連敗が響いて11勝13敗と交流戦で初めて負け越し、交流戦順位も9位に低迷。12年は交流戦では球団最長の8連敗(2分け挟む)を喫し、8勝13敗3分けで交流戦では球団ワーストの11位に沈んだ。ホークスが過去の交流戦で負け越したのは07年、12年の2年だけ。

=2018/06/10付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]