ソフトB中村晃、今季4度目の猛打賞 4戦ぶり2番、連続二塁打でチャンスメーク

3回1死、2打席連続の二塁打を放つ中村晃
3回1死、2打席連続の二塁打を放つ中村晃
写真を見る
二塁へスライディングする中村晃
二塁へスライディングする中村晃
写真を見る

 ◆ソフトバンク5-2中日(10日・ナゴヤドーム)

 4試合ぶりに2番に入った中村晃が、今季4度目の猛打賞で勝利に貢献した。初回無死一塁で左翼線へ二塁打を放ち、好機を拡大。柳田の先制犠飛につなげた。3回には1死から右翼フェンス直撃の二塁打で出塁し、柳田の3ランで生還した。2番起用について、藤本打撃コーチは「晃にはチャンスメークをしてほしい」と理由を説明。その期待に応える活躍を見せた。7回にも木下雄のスライダーを右前へ。「(3安打の内容は)良かったと思います」。5月29日の阪神戦以来となる3安打にも、満足することなく気持ちを次戦に切り替えていた。

=2018/06/11付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]