ソフトB加治屋、パ・リーグ最多29戦目登板 今季初被弾「もっと低めを…」

8回1死、中日・福田にソロを浴びる加治屋
8回1死、中日・福田にソロを浴びる加治屋
写真を見る

 ◆ソフトバンク5-2中日(10日・ナゴヤドーム)

 リーグ最多となる29試合目の登板となった加治屋が、今季初本塁打を食らった。4点リードの8回に4番手でマウンドへ。2安打を放っていた先頭の平田は右飛に打ち取ったが、1死から福田に外角高めの真っすぐを右翼席へ運ばれた。「ボールが高くなるとヒットになりやすい。もっと低めを意識していかないといけない」。続く高橋にも右前打を許したが、後続を抑えて3点のリードを守った。

=2018/06/11付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]