ソフトB内川、15日の2軍広島戦で実戦復帰 17日にも1軍昇格へ

3軍練習後、屋内練習場で打ち込む内川
3軍練習後、屋内練習場で打ち込む内川
写真を見る

 右膝の痛みなどで戦列を離れている内川聖一内野手(35)が15日のウエスタン・広島戦(マツダ)で実戦復帰することが決定的になった。2軍の試合で実戦勘を取り戻せば、17日の広島戦にも1軍復帰する見通しとなった。

 内川は12日、筑後のファーム施設で行われた3軍練習に参加。2年目の左腕古谷を相手に打撃練習を行い、マシン打撃では意識的に左右へ打ち分け、35スイングで柵越え3本を含む14本の安打性の当たりを放った。ノックでも軽快な守備を見せ、全体練習とは別に屋内練習場で10分間の打ち込みも行った。

 ただ右膝には現在もテーピングが巻かれている。「一回良くなって、ぶり返したところもある。早く(復帰)したいと思うけど、自分の体とも相談しながら状態を上げたい」と慎重な口ぶりだった。

 内川は4月18日の楽天戦で死球を受けた右膝の回復が遅れ、5月15日の同カードで自打球を左足首に当てて打撲。同17日に出場選手登録を抹消された。

=2018/06/13付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス
ボートレース3連単直前予想 渡辺将司の「これを買え!」

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]