【読者プレゼントあり】新設シートの名は「コンフォート」 プラス500円で得られる快適さは/ヤフオクD観戦ガイド

ヤフオクドームの「コンフォートシート」を指さすモデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。K―POP好きが高じてこの登録名に。
ヤフオクドームの「コンフォートシート」を指さすモデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。K―POP好きが高じてこの登録名に。
写真を見る
ヤフオクドームの「コンフォートシート」。各席にある荷物カゴを掲げるモデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。自己PRは「赤髪担当ダンシングマシーン」とか。
ヤフオクドームの「コンフォートシート」。各席にある荷物カゴを掲げるモデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。自己PRは「赤髪担当ダンシングマシーン」とか。
写真を見る

 2018年シーズン現在、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームには30もの席種がある。どの席で見るべきか? チケットを確保するには? 西日本スポーツ読者の観戦の一助にと、球団の協力を得つつ、忖度しないで座席をレビューする。今季新設された「コンフォートシート」に座ってみた。

 ※各項目は5点満点

 快適さ ★★★

 スタンドの内野S指定席のエリア中段、通路から下3列がこのシートに割り当てられている。スタンドの上り下りが少なく、売店、トイレと行き来しやすい、シニア層にも優しい席-がもともとのコンセプトという。通常の内野席は基本的に横12席がひとかたまりで並ぶが、この席は「6席、1席分のスペースを挟んで6席(6席前後の場所もある)」のレイアウトで、動線を増やす工夫をしている。

 ただ、後述する料金の関係で利用者は多く、動線に工夫がなければ窮屈だったはずと感じる。荷物かごも便利だが、置くと足場は狭くなり、この点の評価はプラスマイナスゼロ。色は一般的な席と同じだが、背もたれと座面のクッション仕様は、バックネット裏の青い「〈みずほ〉プレミアムシート」と同じだ。

 観戦体験 ★★★

 角度があってグラウンド上が見渡せる席ではある。試合にもよるが、目の前、通常のS指定席エリアに空席がチラホラしていると、どっちが良かったのかな? と思うかもしれない。実際にシニア層の利用者も多く、野球談議はするが“ワイガヤ系”ではない-という応援スタイルが主流のようだ。

 打球の危険度 ★★★★

 ライナー性の打球は多くないものの、ファウルフライがよく飛んでくるエリアにある。右打者の時に注意が必要だ。

 価格 ★★★

 変動制で4500~7000円。周辺のS指定席との料金差は常に500円で、アップは小幅に設定されている。

 レア度 ★★★

 利用者は多いものの平日は空きがある。土日祝日や「鷹の祭典」のようなイベント開催日は完売している状況。なお、この席は球団公式チケット購入サイト「タカチケット」でのみ販売されている。

 総評:S指定席プラス500円というプチぜいたくで、行き来のしやすさとクッションありの席。ハードルが低いだけに「どうせ行くなら」となる利用者が多いのだろう。値段相応のメリットはあり、プラスアルファがあるかは微妙なところ。

 ◆8月10日ソフトバンク-日本ハム戦の「コンフォートシート」ペア観戦チケットを2組4人にプレゼントします。応募は西日本新聞のプレゼントサイト「cureruto(くれると)」(https://cureruto.nishinippon.co.jp/)から。7月25日締め切り。当選者の発表は発送をもって代えます。

 ※読者の方のヤフオクドームでの試合観戦中の事故、また試合観戦に関係するその他のトラブルについて、西日本新聞社では一切の責任を負いかねます。

=2018/06/15 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]