2人掛け「ダブルシート」は居心地◎ 絶対知っておきたい予約時のポイントも/ヤフオクD観戦ガイド

ヤフオクドームの「ダブルシート」。モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。K-POP好きが高じてこの登録名に。
ヤフオクドームの「ダブルシート」。モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。K-POP好きが高じてこの登録名に。
写真を見る
ヤフオクドームの「ダブルシート」(写真は三塁側)。モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。「デートなう。に使っていいよ」とコメント。
ヤフオクドームの「ダブルシート」(写真は三塁側)。モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のNAYONさん。今季4年目。「デートなう。に使っていいよ」とコメント。
写真を見る
ヤフオクドームの「ダブルシート」から見える景色
ヤフオクドームの「ダブルシート」から見える景色
写真を見る

 2018年シーズン現在、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームには30もの席種がある。どの席で見るべきか? チケットを確保するには? 西日本スポーツ読者の観戦の一助にと、球団の協力を得つつ、忖度しないで座席をレビューする。今回は「SMBC日興証券ダブルシート」に座ってみた。

 ※各項目は5点満点

 快適さ ★★★★

 一、三塁の内野指定席の上、立ち見席エリアに赤いシートが並んでいる。2人掛けの座席は、チケット代がここより1万円近く高い、バックネット裏の「〈みずほ〉プレミアムソファシート」と同じ仕様だ。1人あたりの座面の幅は一般的な席より約10センチ広い。背もたれ中央の肘掛けはハネ上げられるので、窮屈さとは縁遠い。座面の幅と同じだけあるテーブルも特長で、ここにフードやドリンクを置ける。テーブルの中棚も荷物置きとして便利だ。

 座席とテーブルの間が広いが、これは良しあし。ゆったり座るときはテーブルに届かず、テーブルの上のものを取るときは前のめりになる。この点、肘掛けにドリンクホルダーも付いているが。周囲のスペースには余裕がある。前後に2列並ぶレイアウトだが、もう1列つくれそうだなと思うぐらいだ。通路からスタンド約20段の上り下りは面倒。飲食物の購入など、用事はなるだけまとめて済ませてから乗り込みたい。

 観戦体験 ★★★★ or ★★

 評価を分けた。当たり外れが大きいからだ。1ブロックで2人掛けシートが横に4席並ぶレイアウト。おおよそ視界が開けてグラウンド全体が見渡せるが、後列の両端に座る人はコンクリート柱のせいで、いわゆる見切れ席になってしまう。その柱は幅1.1メートルと太く、覆われてしまう面積が広い。

 ちなみに一、三塁側ともエリア内で一番、本塁寄りの端の席は、前後列に関係なくボックス席のテラスが打席にかぶる。ここはもともと「見切れ席」として半額で売られているが、設定があるのはその席だけ。かなり身を乗り出せばアングルは変えられるが…試合中ずっとそうするわけにもいかない。見切れ席を避ける方法はあるので、順を追って説明する。

 家族連れの利用者もおり、応援スタイルはおとなしめ。

 打球の危険度 ★

 もともと立ち見席があった、スタンド最上部の奥の“くぼみ”にあたる場所。基本的に、打球に注意しながら見る席ではない。ゼロではないというレベル。

 価格 ★★

 変動制で1席6000~1万3000円。1人当たりの料金は、おおよそ眼下に位置する内野A指定席と同等で、リーズナブルに感じられる。


 レア度 ★★★

 土日祝日や、鷹の祭典のようなイベントがある日は難しい。この席は「ローソンチケット」でのみ発売。その公式サイトか、ローソン、ミニストップ店舗の端末で購入する必要がある。

 総評:ゆったり&ちゃんと見られる良席には違いない。それだけに「見切れ席」を避けたい。逆転ホームランが途中から柱に隠れたり、外野手の好プレーが柱の陰だったら、場内の興奮から置いてけぼりだ。

 予約時、ローソンチケットのサイトでは座席指定ができる。57列と58列の2列あり、後列にあたる「58列」の「1番」と「8番」で柱がブラインドになる。店頭端末では座席指定ができないので注意。

 ※読者の方のヤフオクドームでの試合観戦中の事故、また試合観戦に関係するその他のトラブルについて、西日本新聞社では一切の責任を負いかねます。

=2018/06/15 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]