交流戦パ1位争いは3球団に

試合前の円陣で笑顔を見せるソフトバンクナイン=6月8日掲載
試合前の円陣で笑顔を見せるソフトバンクナイン=6月8日掲載
写真を見る

 交流戦のパ・リーグ1位争いは18日に西武が負けたためオリックス、ソフトバンク、ロッテの3球団に絞られた。11勝6敗でヤクルトに次ぎ全体2位につけるオリックスは20日に勝つか引き分ければパ1位が決定。19日にソフトバンク、ロッテが勝ち20日にオリックスが負けた場合は3球団が11勝7敗で並び、TQB(1イニング平均の得失点差=得失点率差)で順位が決まる。18日現在のTQBはオリックス1割3分7厘、ロッテ=5分8厘、ソフトバンク=2分9厘。ソフトバンクは19日に勝っても1位は難しく現実的には2位狙いとなる。交流戦は勝ち越しリーグの6球団に順位に応じた賞金が贈られ、今年はパに(1)1000万円(2)500万円(3)400万円(4)300万円(5)200万円(6)100万円が贈られる。

=2018/06/19付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]