ソフトB中村晃V弾 ビデオ判定で前代未聞「誤審」 本人思わず「マジ?ファウルだと…」

延長10回、リプレー検証でファウルの判定が覆り勝ち越し2ランに。打った中村晃もびっくり
延長10回、リプレー検証でファウルの判定が覆り勝ち越し2ランに。打った中村晃もびっくり
写真を見る
延長10回、ファウルがリクエストで決勝2ランとなり、審判に声をかける福良監督(右端)
延長10回、ファウルがリクエストで決勝2ランとなり、審判に声をかける福良監督(右端)
写真を見る

 ◆オリックス3-5ソフトバンク(22日・ほっともっとフィールド神戸)

 前代未聞の「誤審弾」で勝った! 同点の延長10回2死一塁、中村晃の一打が“ミラクル”を巻き起こした。右翼ポール際への打球は一度はファウルと判定されたが、工藤監督のリクエストによるリプレー検証で決勝の7号2ランに。オリックス福良監督の猛抗議を受けた審判団は試合後に映像を再確認。誤審を認めたが、試合は成立しており、オリックスとの「同率3位対決」を制したホークスが単独3位になった。

 思わず「マジ?」とつぶやいて首をひねった。同点の延長10回2死一塁。中村晃が半信半疑の表情でダイヤモンドを一周した。長いビデオ判定の末にファウルから“ミラクル弾”となった決勝の7号2ラン。試合後のヒーローはまだスッキリしない顔だった。

 「切れなかったらいくとは思ったんですけど、詰まったので…。ファウルだと思った。藤本さん(打撃コーチ)が監督に『念のためやりましょう』と言ってくれたらしいです。ありがたかった」

 延長10回は2球で追い込まれながら、ファウルで粘って近藤の9球目、内角高めの真っすぐを捉えた。打球は右翼ポール際へ。一塁塁審がファウルと判定したため、中村晃は悔しそうに打席へ戻った。普段はリクエストを積極的に行う工藤監督も、三塁側ベンチからの目視と中村晃の表情を見て、この時点でリクエストは要求しなかった。

 想定外の事態は、その後の審判団の協議から始まった。ホークスベンチも諦めムードだったが、藤本打撃コーチが「念のため(リクエストを)やりましょう」と提案。協議を終えた審判団の「(協議では)ファウルの判定ですが(リクエストを)やりますか?」という問い掛けに、工藤監督もビデオ判定を求めた。

 その後、約5分間と長いリプレー検証となり、その間、中村晃は「次の球種を考えていた」と勝負の再開に備えていたが、グラウンドへ出てきた主審はグルグルと右手を回した。試合後、工藤監督は「森コーチと藤本コーチが僕の重たいお尻を押してくれて『いきましょう』と。お尻を押してくれて、すごくありがたい」と顔をほころばせた。

 藤本コーチは「ダメもとでね」とニヤリ。同率3位だったオリックスを下し、単独3位となったチームが球場を後にして約50分後。猛抗議した福良監督と共にビデオ映像を試合後に確認した審判団は誤審を認め、オリックス側に謝罪する異例の事態となった。

 中村晃は失策絡みで逆転された直後の5回にも、右翼席中段に文句なしの同点6号2ランを打ち込んでいた。実力と運で放った1試合2発はプロ11年目で初。工藤ホークスにとって、リーグ戦の再開初戦から勢いに乗っていけそうな“ミラクル勝利”となった。 (倉成孝史)

■試合は成立 記録の訂正行わない見込み

 オリックス-ソフトバンク10回戦(ほっともっとフィールド神戸)で、試合後に審判団が誤審があったことを認めた。試合は成立しており、記録の訂正は行われない見込み。

 3-3の延長10回、ソフトバンク中村晃の放った右翼ポール際への打球がいったんはファウルと判定され、工藤監督のリクエストによるリプレー検証で2ランとなった。試合は5-3でソフトバンクが勝利。だが、試合後に映像を約20分かけて見直し、ファウルだったと認めた。オリックスの球団幹部や福良監督に伝え、日本野球機構(NPB)にも報告したという。責任審判の佐々木昌信氏は「判定が正確ではなかった」と話した。

=2018/06/23付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]