ソフトBドラ2高橋礼、好救援で4勝目 貴重なサブマリン進化着実 ウエスタン阪神戦

3回1死満塁のピンチで登板、無失点に抑え笑顔で谷川原(左)とタッチをかわす高橋礼
3回1死満塁のピンチで登板、無失点に抑え笑顔で谷川原(左)とタッチをかわす高橋礼
写真を見る

 ◆ウエスタン・リーグ 阪神2-5ソフトバンク(27日・阪神鳴尾浜球場)

 ドラフト2位の高橋礼が2回2/3を無失点で4勝目を挙げた。2番手で登板した3回1死満塁のピンチを抑え、続く4回は1死一、二塁でナバーロをスライダーで空振り三振に仕留めた際に三盗を試みた長坂もアウトで併殺。5回はロサリオをスライダーで見逃しと、虎の助っ人から連続三振を奪った。4月に1軍でプロ初を含む3試合に登板。「中途半端に曲がったら打者が真っすぐを待っていても打たれる。曲がり幅とコースが大事だと思った」というスライダーを磨いた結果だった。貴重なサブマリンが着実に進化している。

 茶谷(6回に勝ち越し打。1軍でも活躍した川瀬と同期)「自分は打てていないから必死。出たときに結果を残せるように」

=2018/06/28付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]