ソフトB柳田「断水してる知り合いも…」西日本豪雨被災地支援の募金活動 西武勢も参加

西日本豪雨の被災地支援のために募金を呼び掛ける工藤監督(左)と西武の辻監督
西日本豪雨の被災地支援のために募金を呼び掛ける工藤監督(左)と西武の辻監督
写真を見る

 福岡県でも犠牲者が出るなど被害が広範囲に及んだ西日本豪雨を受け、福岡ソフトバンクは16日、ヤフオクドームでの試合前に被災地支援を目的とした義援金募金活動を行った。17日の試合前にも行われる。

 工藤監督、柳田、今宮らに加え、西武の辻監督、菊池も参加。来場者に募金を呼び掛け、善意を寄せた一人一人と握手した。募金参加者734人から、40万2891円が集まった。工藤監督は「来ていただいた辻監督をはじめ西武ライオンズにも感謝したい。一日も早い復興を祈るしかない」と言葉を選ぶように話した。甚大な被害が出ている広島県出身の柳田は「断水している知り合いも多い。(募金は)本当にありがたい」と頭を下げた。募金活動は、プロ野球が開催された他の5球場でも行われた。

 ソフトバンク2軍も、19日までのウエスタン・阪神4連戦(タマスタ筑後)で募金活動を行う。

=2018/07/17付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]