【読者プレゼントあり】昔は記者席だった「カウンターシート」 試合への集中度は随一/ヤフオクD観戦ガイド

ヤフオクドーム「カウンターシート」の後方には放送ブース。あの解説者はひょっとして…? モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のHANAさん。今季1年目。千葉県内のスポーツ強豪高校チア出身
ヤフオクドーム「カウンターシート」の後方には放送ブース。あの解説者はひょっとして…? モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のHANAさん。今季1年目。千葉県内のスポーツ強豪高校チア出身
写真を見る
ヤフオクドーム「カウンターシート」に座れば番記者気分? モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のHANAさん。今季1年目。ドラえもんの絵を描くのが得意とか
ヤフオクドーム「カウンターシート」に座れば番記者気分? モデルは球団公式ダンスチーム「ハニーズ」のHANAさん。今季1年目。ドラえもんの絵を描くのが得意とか
写真を見る
ヤフオクドーム「カウンターシート」の席番号プレートには注意書きも
ヤフオクドーム「カウンターシート」の席番号プレートには注意書きも
写真を見る

 2018年シーズン現在、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームには30もの席種がある。どの席で見るべきか? チケットを確保するには? 西日本スポーツ読者の観戦の一助にと、球団の協力を得つつ、忖度しないで座席をレビューする。今回は「カウンターシート」に座ってみた。

 ※各項目は5点満点

快適さ ★★★★

 球団がソフトバンクとなってまだ3年目だった2007年、バックネット裏の最上段にある記者席3列の最前列が客席に作り替えられた。椅子は使用時/収納時で前後可動式。プラスチック製ながら、内野席と違って座面と背もたれ一体の造りで、座り心地は悪くない。ちなみに記者席にあるのはパイプ椅子だ。最長12席並ぶレイアウトながら、座っても後方に人が通れるスペースが残り、行き来のストレスは少ない。隣席との間隔もきちんと取られている。

 カウンターテーブルは35センチの奥行きがあり、ノートを広げて置ける。記者席の使い勝手と比べれば、手元を照らすライトはいらないまでも、電源はあった方が親切かなと感じた。「〈みずほ〉プレミアムシート」のすぐ上なので、ゲートからのアクセスは良い。

観戦体験 ★★★

 元記者席だけあってグラウンド全体を把握できる。全身ではないがネクストバッターズサークルに誰が控えているかも見られる。座席の一部や、行き交う人が視界に引っかかることがなく、落ちついて試合を見られる点では★5でもいいぐらい。

 ただ、この席は席番号を示すプレートに注意書きがある。鳴り物、起立、大きな応援ボード、フラッグの利用は控えなければならない。もちろん、後方の記者席や放送ブースへの配慮からだ。半面、近くの放送ブースにプロ野球OB解説者の姿が見られる。大一番や短期決戦になれば、超大物の姿を記者席にも見つけられるかもしれない。

打球の危険度 ★~★★★

 エリア中央はほとんど飛んでこない。一、三塁側に寄ると飛んできやすくなる。実際、しばしば記者席にも打球は飛んできている。

価格 ★★★

 ペアでの購入となる。変動制で1人当たり6000~8500円。眼下のバックネット裏「〈みずほ〉プレミアムシート」と比べると、最前列SS席よりは安く、その後方のS、A席よりは高い。普通の内野S、A指定席と比べると倍までいかないぐらい。

レア度 ★★★

 土日祝日や、「鷹の祭典」のようなイベント開催日は難しい。

 総評:目的がはっきりしていれば非常に良席。じっくりとした観戦には球場内随一の実力で、活発な応援には向かない。後ろではメディアや公式記録員が思いっきり仕事中。大声を出すのがはばかられるところはあるので、その点を理解の上で。

 ◆8月28日ソフトバンク-ロッテ戦の「カウンターシート」観戦チケットを1人にプレゼントします。応募は西日本新聞のプレゼントサイト「cureruto(くれると)」(https://cureruto.nishinippon.co.jp/)から。8月15日締め切り。当選者の発表は発送をもって代えます。

 ※読者の方のヤフオクドームでの試合観戦中の事故、また試合観戦に関係するその他のトラブルについて、西日本新聞社では一切の責任を負いかねます。

=2018/07/19 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]