ハムを食えないソフトB 天敵・上沢撃ちも5連敗、もう10敗目…工藤監督「過去より未来」

日本ハムに逆転負けを喫し、札幌ドームのベンチで硬い表情の工藤監督
日本ハムに逆転負けを喫し、札幌ドームのベンチで硬い表情の工藤監督
写真を見る
写真を見る

 ◆日本ハム6-5ソフトバンク(20日・札幌ドーム)

 ハムが食えない…。天敵右腕から5点も奪いながら工藤ホークスが初の同一カード5連敗を喫した。初回に4連打などで3得点。日本ハム上沢を攻略するムードが漂ったが、先発のバンデンハークが崩れて対戦4試合で全敗となった。日本ハム戦は那覇、東京、札幌と列島を北上しての5連敗で今季早くも10敗目。前カードで首位の西武に勝ち越しながら、またも「ハムの壁」に浮上を阻まれた。

 高々と舞い上がった打球が三塁手のグラブに収まった。1点を追う9回。2死一、二塁と最後のチャンスでデスパイネが三飛に倒れた。天敵上沢に先制パンチを浴びせたまでは良かったが、痛恨の逆転負け。日本ハムにはこれで5連敗となった。敵軍がつくる歓喜の輪を工藤監督は苦々しい表情で見つめていた。

 「後半戦の日本ハムと最初の3連戦で(上沢が)頭にくるのが分かっていて、いい攻撃ができた。みんなが立ち上がりを捉えてくれて、何とかこのピッチャーを攻略するんだという思いがすごく出ていた」

 今季ここまで3度の対戦で全敗。しかも計24イニングでデスパイネのソロによる1点だけと顔を見るのも嫌な右腕を初回から攻めた。1死から中村晃が出塁し、柳田、デスパイネまで3連打で満塁。バットをひと握り短く持った内川が、フルカウントから低め直球を仕留めた。先制の中前2点打。上沢から実に19イニングぶりにもぎ取った点だった。「みんながつないでくれたチャンスだったので何とかしたかった」。両拳を力強く握った主将の一打に牧原も犠飛で続き、初回に3点の速攻劇をみせた。

 先制打を放った内川は天敵の出現に警鐘を鳴らしていた。「何度も同じ投手に負けるのは良くない。ここで止めておかないと本当にずるずるいってしまう。それだけは避けないと」。ナインも一丸となって食らいついた。2回は柳田の適時二塁打で加点。中盤こそ立ち直りを許したが、7回に今宮が一発を浴びせマウンドから引きずり降ろした。

 藤本打撃コーチは「攻略はできた。低めのボール球を見極められたら戦える。次に当たったらもうちょっと点を取れる」と言い切った。バンデンハークの乱調で結果的に上沢に4連敗となったが、これまでの3試合とは“異色”の黒星だったことには違いない。

 天敵を攻略しながら試合に負け、交流戦後の2位日本ハムとの試合は那覇、東京、札幌と列島を北上しながら5連敗。敗れた首位西武との5・5ゲーム差は変わらないが、日本ハムとは4ゲーム差に開いた。「過去のことより未来をしっかり見ていくことが大事。しっかり(未来を)見てやっていきましょう」と指揮官は強弁した。明るい未来のためにも、まずは日本ハムから白星をもぎ取って流れを変える。 (小畑大悟)

◆工藤ホークス初同一カード5連敗

 ソフトバンクが日本ハムに5連敗。同一シーズンで同じチームに5連敗は2014年8~9月に楽天戦で6連敗して以来で、工藤監督就任後は16年に日本ハム、オリックス戦で喫した4連敗を上回り4年目で初の屈辱となった。今季は交流戦後の日本ハム戦で完封負けが2度、サヨナラ負けが1度、2桁失点が2度。那覇、東京ドームでの2連戦はいずれも直接対決で2位に浮上するチャンスがありながら連敗し、浮上を阻まれる結果となった。

=2018/07/21付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]