ソフトB打線にまた天敵? ハム杉浦に5回ノーノー…上沢打ったと思ったら

4回2死、空振り三振に倒れた柳田
4回2死、空振り三振に倒れた柳田
写真を見る

 ◆日本ハム3-2ソフトバンク(21日・札幌ドーム)

 上沢を攻略しながら勝ち損ねたかと思えば、また新たな天敵候補が現れた。移籍後初登板初先発の杉浦の前に打線が沈黙。5回まで無安打無得点、26歳の右腕にパ・リーグ初勝利を献上した。対戦2打席凡退に終わった柳田は「真っすぐが良かった。あっち(杉浦)の球が良かっただけ」と潔く完敗を認めた。

 力のある直球に手を焼いた。4回。1番上林からの好打順も3者連続三振に切って取られた。上林、中村晃が真っすぐで仕留められると、柳田はカーブに空を切った。5回先頭のデスパイネが死球でチーム初出塁も、後続が打ち取られチャンスさえつくれなかった。

 藤本打撃コーチは「ええピッチャーやな。直球が吹き上がってくるから、ボールの下にバットが入っていた。捉えきれずにファウルになったり、フライアウトになったり」と振り返った。15アウト中、約半分の7個が飛球によるもの。加えて5三振も喫した。

 20日のカード初戦では上沢に対戦4連敗を喫したものの、7回途中での降板までに5点を奪った。後半戦は4戦連続で5得点以上と活発だった打線が5試合目で一時停止。元モーニング娘。の紺野あさ美さんの夫となり知名度を高めた杉浦が、新天地でのデビュー戦でさらに名前を広めることに貢献した格好だ。藤本コーチは「上からたたくイメージで入らないと。また投げてくると思う。次はやっつけないと」とリベンジを誓った。 (小畑大悟)

=2018/07/22付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]