壮絶の乱打戦 今季両リーグ最長5時間45分 ソフトB執念の引き分け 工藤監督「勝ちに等しい」

延長12回1死一、三塁、松田の二飛で代走・川島(手前右)が生還し同点。沸き上がるホークスベンチ
延長12回1死一、三塁、松田の二飛で代走・川島(手前右)が生還し同点。沸き上がるホークスベンチ
写真を見る
延長12回1死一、三塁、松田の二飛で代走の三走・川島が生還し同点
延長12回1死一、三塁、松田の二飛で代走の三走・川島が生還し同点
写真を見る

 ◆ソフトバンク10-10ロッテ(24日・京セラドーム大阪)

 工藤ホークスが3位ロッテとの「鷹の祭典in大阪」で5連敗寸前から何とか今季初のドローに持ち込んだ。取っては取られての乱打戦。2点を追う延長11回に今宮の2点三塁打で追い付き、12回に1点を勝ち越された直後は、松田のライト前への浅いフライ(記録は二飛)で三走の川島がタッチアップから執念のヘッドスライディングで同点の生還だ。とはいえ、首位西武とは今季最大の7ゲーム差に拡大。連覇を目指す工藤ホークスにとって苦しい状況に変わりはない。

 両リーグ最長5時間45分の試合を戦い、引き分けた。工藤監督は「よく諦めないで、みんなでつないでくれた。何とかしたいというみんなの思いが出た。引き分けたけど、勝ちに等しい」と選手の粘りをたたえた。今宮の起死回生の2点三塁打で同点に追い付いた直後の延長12回。加治屋が4番井上に左翼5階席までソロを運ばれながら、またも奇跡的に追い付いた。ただ、首位とのゲーム差は今季最大の7。痛い引き分けになったのも間違いない。

 連敗ストップを誓い乗り込んできた大阪で、執念の引き分け劇を演じる一方で、今後に大きな不安も残した。初回にデスパイネの2ランで幸先よく先制。1点差に迫られたが、3回には柳田の24号ソロ、内川と中村晃の連打で3点差に広げた。あとはこのリードを、開幕投手の千賀が守っていくだけだったが、ピリっとしない。4回には2本の長短打に下位打線への連続四球が絡み2失点。得点こそ与えなかった5回にも2四球を出すなど精彩を欠き、この回限りで降板となった。

 それでも4回には上林のソロが飛び出すなど打線が奮起したおかげで、2点のリードを6回以降の継投でしのいでいけば勝利をもぎとれていたが、2番手のモイネロが誤算だった。6回先頭への死球から連打で2失点。1死も取れないままマウンドを降りた。その後、二保→嘉弥真→五十嵐とこの回だけで計4投手を投入したが、相手の送りバントミスなどもあった中で、一挙4点を失い、逆転を許した。

 中盤以降、ただでさえ連敗中のベンチはこれまでにないほど重たい雰囲気に包まれたが、7回には牧原が2ランを放ち、試合を振り出しに戻した。壮絶な試合は延長戦に突入。11回には加治屋が2点を勝ち越されたが、今宮の一打で同点。1点を勝ち越された12回は中村晃の安打などでチャンスを広げ、松田の二飛で追い付く執念を見せた。

=2018/07/25付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]