「すごく嫌な得点だったんじゃないか」ソフトB工藤監督一問一答 8.10日本ハム戦

8勝目を挙げた千賀をねぎらう工藤監督(右)
8勝目を挙げた千賀をねぎらう工藤監督(右)
写真を見る

 ◆ソフトバンク5-0日本ハム(10日・ヤフオクドーム)
-先発・千賀が先取点を与えず、先制する展開だった

 最初に得点を取って主導権を握るのが、いかに大事か。中押し、最後の5点目は、相手もすごく嫌な得点だったんじゃないか。で、千賀がいい投球をして。本当に理想的な試合。

-千賀が相手に流れを渡さなかった

 絶好調まではないと思うが、向かっていく気持ちが何よりも大事だと、投げてる本人も感じながらね。一球一球、しっかりと。狙ったところにいかない球もあったとは思うが、気持ちが勝ってるから、相手が打ち損じたり、見逃したりしたんじゃないか。

-8回2死満塁で交代

 8回(完了)までと思っていたけど。だいぶしんどそうだった。「レアードまではいきます」ということだった。そこを(四球で塁に)出した時点で、代えようという決断。

-今季4勝を献上していた日本ハム上沢に黒星をつけた

 前回(7月20日)打ってる。決して打てない投手じゃないという思いも選手にあったと思う。初回にデスパイネが打った。千賀も勇気の出る2点。あれでバッテリーも慎重になり過ぎず、大胆に、「ソロホームランはいい」という感じになれたのが良かったかな。

-4番デスパイネの好調で打順は固まりそうか

 そうなってくれるよう常々、願っている。勝つことが何より。選手の調子を上げ、投手の集中力も増す。

-5点リードの9回に森を投入した

 他の投手のことも考えたけど。え~…森にした。すいません。

-どん欲に勝ちにいくと話していた

 そういう意味を込めて。もうちょっと点があれば。まだスアレスが(戦列復帰後)投げてない。ちょっと考えているけど。すんません。

=2018/08/11 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]