ソフトB中田が3週間ぶり登板 胃腸炎明け、1回2失点で猛省

9回から登板し2失点、試合が終わっても厳しい表情の中田(中央)。右は栗原
9回から登板し2失点、試合が終わっても厳しい表情の中田(中央)。右は栗原
写真を見る

 ◆ソフトバンク11-5日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

 ウイルス性胃腸炎による離脱から復帰した中田が、7月22日の日本ハム戦以来3週間ぶりに登板した。

 8点リードの最終回に4番手でマウンドへ。中田を遊ゴロ、続くレアードを空振り三振に仕留めたが、そこから3連打で2点を失った。「投げるのにはもう(体調の)問題はない。いいボールもあったけど、0点で終わらなければいけなかった」。久々の登板に安堵(あんど)しながらも結果を猛省していた。

=2018/08/13付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想
ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]