ソフトBグラシアル8月サヨナラ賞 劇的アーチ“もう1頂”に意欲

8月の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞したグラシアル
8月の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞したグラシアル
写真を見る

 セ、パ両リーグは最も印象深いサヨナラ打を放った打者を表彰する8月の「スカパー!サヨナラ賞」を12日に発表し、パはソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(32)が初めて選ばれた。

 来日1年目のグラシアルは8月26日の西武戦(ヤフオクドーム)で、8-8の延長12回1死満塁に本塁打を放った。サヨナラ満塁弾は今季両リーグで初、球団では1999年の井口以来で19年ぶり。受賞会見では「うれしかった。みんなの気持ちが一つになったいい本塁打になった」とうれしそうな表情を見せ、逆転Vへ「これからもああいう場面を見せたい」と劇的なアーチの“もう1頂”にも意欲をのぞかせた。

 セは広島の鈴木誠也外野手(24)が2度目の受賞。8月23日のヤクルト戦で8-8の9回にソロを放った。

=2018/09/13付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]