ソフトB今宮抹消 左半腱半膜様筋筋損傷 本人は軽傷強調、最短復帰目指す

別メニューで調整する今宮
別メニューで調整する今宮
写真を見る

 福岡ソフトバンクの今宮健太内野手(27)が18日、左半腱(けん)半膜様筋筋損傷のため出場選手登録を抹消された。今宮は17日の西武戦(メットライフドーム)で初回の守備中に左太もも裏を負傷。東京都内の病院で受けた同日の検査では同箇所損傷の「疑い」とされたが、18日の再検査であらためて「損傷」と診断された。19日にチームを離れて福岡に戻る予定で、代わって高田が出場選手登録された。

 今宮は18日、ZOZOマリンに隣接する室内練習場で調整。キャッチボールや軽めのノックなどを行った。今回の登録抹消は首脳陣が今後を見据えて大事を取った形。本人は「痛みはない。負傷した翌日にこう動けているので、(抹消期間最短の)10日で戻ってこられると思う」と軽傷を強調した。ただ、チームにとっては17日に脳振とう特例措置で抹消された柳田に続く、連日の痛いアクシデントとなった。

=2018/09/19付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]