ソフトバンク4年目栗原「緊張感が違った」 僅差9回にマスク

笑顔でハイタッチを交わすソフトバンクナイン。左端は工藤監督
笑顔でハイタッチを交わすソフトバンクナイン。左端は工藤監督
写真を見る

 ◆ロッテ2-4ソフトバンク(18日・ZOZOマリンスタジアム)

 4年目の栗原が僅差の勝ちゲームでマスクをかぶった。甲斐、高谷に代打を送ったため、2点リードの9回に登場。森をリードして2安打されたが、最後は幸運なプレーもあって無失点にしのいだ格好だ。これまで捕手での出場は負け試合か、大差でリードしている場面だった。「(今までと)緊張感が全然違ったけど、2点差だったのが救いだった。まだまだ勉強。何もかも足りない」とため息をついた。

=2018/09/19付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]