努力が全ての厳しい世界/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・高田
ソフトバンク・高田
写真を見る

 ホークスの選手層の厚さをまざまざと見せつけた勝利だった。終盤に逆転した18日のロッテ戦。左太もも裏を痛めて出場選手登録を外れた今宮に代わり、急きょ昇格した高田がいきなり3安打を放った。約2カ月ぶりだった1軍の舞台でレギュラーの穴を埋めるどころか、西武に3連敗を喫して後がないチームを救う大活躍を演じた。

 2軍戦のメンバーにも実績がある選手が多く名を連ねる現在のホークス。この選手層の厚さゆえなのだろうか。筑後で複数の若手からこんな声も聞いた。「2軍の試合にどうやったら出られるんですかね」。3軍制を敷くホークスの競争が激しいことは事実。若手が出場機会を切望する気持ちも十分に理解できる。

 あるコーチは「プロ野球選手は個人事業主。『自分の努力が全て』の単純かつ厳しい世界だよ」と語ってくれた。誰もが憧れる世界で活躍するためには、今は先が見えなくても地道に力を蓄えるしかない。 (長浜幸治)

=2018/09/20付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]