ソフトB柳田、リハビリ開始 チームメートから「帰ってくるまで負けない」

筑後の第2球場で体を動かした柳田
筑後の第2球場で体を動かした柳田
写真を見る

 左側頭部に打球を受け、脳振とう特例措置により出場選手登録を抹消されている柳田が19日、筑後でリハビリを開始した。第2球場でストレッチやウオーキング後、トレーニング施設でバイクやランニングマシンで体を動かすなど、有酸素系の運動をこなした。

 患部については「腫れているみたいだけど、トレーナーによると大丈夫らしい。痛いだけで、大丈夫」と強調。その上で「チームメートに『(柳田が)帰ってくるまで負けない』と言ってもらったことで、早く(復帰したい)という気持ちが強くなった」と意欲を見せた。

 日本野球機構(NPB)が作成したガイドラインに基づき、練習強度を徐々に増していくプログラムに沿ったリハビリメニューに取り組む。順調に消化すれば、10日間を待たずに再登録が可能となる。

 斉藤リハビリ担当コーチは「プログラムは5、6日かかる。一つ一つクリアしていくだけ」と説明した。 (長浜幸治)

=2018/09/20付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]