ソフトB椎野、駆けつけ即登板 堂々2回1失点

8回途中から4番手で登板した椎野
8回途中から4番手で登板した椎野
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第3戦 西武4-15ソフトバンク(19日・メットライフドーム)

 6月以来の昇格となったルーキー椎野が即CS初登板し、強力打線に堂々と挑んだ。2軍が滞在中の宮崎で18日夜に連絡を受け、19日早朝に上京。10点差の8回無死一塁、同じ大卒新人の大竹を救援した。浅村を併殺打も山川への四球から1失点。9回は森、外崎、秋山から三振を奪い無失点で締めた。最速は149キロ。「9回は球の角度や速さなど2軍でやってきたことが出せた。呼んでもらえて良かった」と力を込めた。

=2018/10/20付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]