ソフトB内川8HRと24打点はPO、CSトップタイ!! スタメン復帰!!

6回無死、ソロ本塁打を放つ内川。投手は武隈
6回無死、ソロ本塁打を放つ内川。投手は武隈
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第3戦 西武4-15ソフトバンク(19日・メットライフドーム)

 ファイナルSから1軍に戻り、第3戦で「7番一塁」でスタメン復帰した内川が待望の一発を放った。先頭打者の6回。5月9日に通算2000安打を放った武隈の138キロ直球を左中間席に運ぶ復帰後初アーチ。ベンチ前では福田、上林、川島から恒例の「あごタッチ」で祝福された。

 CS史上最多の3度のMVPに輝いた経験を持つ主将は「(本塁打は)出ないより、出た方がいい。欲を言えば、もっと早い回に流れの中で打ちたかった」と大量リードでの一発を振り返った。2011年のホークス移籍後は初の7番でもきっちり結果を出した。

 第2戦まで代打での出場だったが、この日は2打席凡退後に左前打、本塁打と2安打してスタメン起用にしっかり応えた。「代打はミスすれば、それで終わり。でも(スタメンなら)後がある」。6回の守備からベンチに退いたが、大勝に貢献する貫禄を見せた。

 プレーオフ、CSでの通算8本塁打はウッズ、和田(ともに中日)、中村(西武)に並ぶ通算最多となった。パ・リーグトップだった通算打点も24打点に伸ばし、両リーグトップの和田に並んだ。昨年の楽天とのファイナルSで同一ステージでは史上初の4試合連続本塁打を放ち、チームを日本シリーズに導いた「短期決戦の鬼」は今年も健在だ。 (鎌田真一郎)

=2018/10/20付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]