必勝継投で獅子封じ ソフトB工藤監督「第2先発」勝負がハマった 東浜4回→武田2回→石川1回

6回2死二、三塁、西武・岡田を見逃し三振に仕留め、ガッツポーズする武田
6回2死二、三塁、西武・岡田を見逃し三振に仕留め、ガッツポーズする武田
写真を見る
先発し力投する東浜
先発し力投する東浜
写真を見る
7回に登板し、1イニングを三者凡退に抑えた石川
7回に登板し、1イニングを三者凡退に抑えた石川
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第4戦 西武2-8ソフトバンク(20日・メットライフドーム)

 5回の攻撃を終えると、工藤監督がベンチを出た。主審のもとに向かうその表情に、一切の迷いはない。リードは2点。残り5イニングを守り切るため、4回2失点と好投した東浜に代え、2番手に武田の名を告げた。V逸後から準備を整えてきた「第2先発」プラン。重要な一戦での大胆なタクトは、ピタリとはまった。

 「調子はよくなかったけど、気持ちでいった」。そう振り返った武田は、5回に1死二塁のピンチを招いたが、冷静に秋山、源田を打ち取った。続く6回も1死二、三塁と一打同点、一発が出れば逆転の状況を迎えたが、中村を3球三振。続く岡田もフルカウントから外角低めギリギリへのスライダーで見逃し三振に切り、役目を完遂した。

 武田からバトンを渡されたのは、3番手の石川だ。7回1イニングを危なげなく三者凡退。工藤監督は「本当によく抑えてくれた。重圧がかかって大変だとは思うけど、本当にありがたい」と、中盤からの3イニングを無失点でつないだ2人の働きを手放しでたたえた。

 「8、9回以外の7イニングをどう計算するか」。強力西武打線とのCS決戦に向けたテーマの一つだ。最重要視したのが「第2先発」の充実。「どこからでもつながると大量点になる。そこをどう切っていくか」。元来先発の2人を第2先発に回すことで、ミランダ、千賀、東浜には中4日での登板を強いることにもなった。「(先発には)負担をかけている」。コンディショニングを重要視する指揮官にとっては苦渋の決断でもあったが、それほどの気迫で西武打線に挑んでいる。

 投手陣も同じだけの気合で獅子脅し打線に立ち向かった。今季792得点した西武打線の破壊力は言わずもがなだが、1試合5安打以下だったゲームが15試合あり、うち7度がホークス戦だった。10与四死球で敗戦した第2戦後に、チームとして今季の西武対策を再確認。カウント有利な状況からの長打が多いだけに、初球から積極的にストライクを取りにいくことがその一つだ。当然リスクもあるが、凶暴な獅子に恐れず立ち向かっていく姿勢で、この日は5投手でわずか3与四球。結果、安打も5本に抑えた。

 日本シリーズ進出が懸かる第5戦の先発は、中継ぎで2回2/3を投げた18日から中2日で、ルーキーの高橋礼が託される。「明日も多分つないで、つないでということになる」。自慢の「第2先発」を保持する工藤監督の目には、大きな自信がみなぎっている。 (倉成孝史)

 東浜(中4日先発で4回2失点、7奪三振の力投を見せる)「初回から全力でいきました。本塁打は打たれたが、何とか粘ることはできた。この結果(チームの勝利)は大きい」

=2018/10/21付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]