ソフトBバンデン、悔しさあらわ PS初黒星「不運があるのも…」

1回2死三塁、広島・鈴木(奥)に先制打を打たれたバンデンハーク
1回2死三塁、広島・鈴木(奥)に先制打を打たれたバンデンハーク
写真を見る

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第2戦 広島5-1ソフトバンク(28日・マツダスタジアム)

 先発バンデンハークは不運が重なったこともあり、5回5失点(自責3)と通算3試合に先発して3勝の広島にポストシーズン初黒星を喫した。初回、先頭田中を打ち取った当たりに左翼手デスパイネが追いつけず、二塁打とされたのをきっかけに先制を許した。3回には二塁手川島の失策で広がったピンチから2点を失うと、5回は鈴木に2点打を浴びた。「不運があるのも野球。その後をしっかり抑えられなかった」と自身への悔しさをあらわにした。

=2018/10/29付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]